歯周病の予防や対策にはどんな歯磨き粉がいいの?

歯周病は歯磨き粉で治るの?

「歯周病は歯磨き粉で治るの?」

 

残念ながら、歯磨き粉だけでは歯周病は完治しません。

 

でも、歯磨き粉は歯周病予防や進行防止に効きます。

 

もしも今「歯周病かもしれない!」と気がかりになっていたり、歯周病予防したいというのでしたら、毎日歯磨きで使っている歯磨き粉選びを工夫してみてください。

 

すでに歯周病になっている方が歯磨き粉だけで歯周病完治できるかと言ったらできませんが、これ以上歯周病を加速させないようにするのは可能ですし、歯周病に罹患していない方が歯周病予防するのにも適しています。

 

歯周病対策の基本は歯磨き

歯周病を治療する事になった時、一番重要になるのはプラークコントロールなので、ブラッシングが不可欠です。

 

歯石自体は歯周病の原因になるわけではありませんが、歯石の表面はプラークが蓄積しやすく、奥は歯磨きしづらいので歯医者さんで除去してもらう必要があります。

 

歯周病対策に向いている歯ブラシと正しい歯磨き方法

まだ初期の歯周病であれば、日頃の歯磨きケアを徹底すれば、数日ほどで良くなるといわれています。ただし、数週間たっても改善しない場合には、歯磨きのやり方が間違っている可能性もあるので、まずは、正しい歯磨きや適切な歯ブラシについて学んでおきましょう。

 

毎日正しく歯磨きして歯周病対策!

歯周病の原因はプラークです。そのため、いかに正しく歯磨きしてプラークを取り除くかというところにかかってきます。歯磨きの方法は様々ですが、プラークを落としやすく、歯茎に炎症が起こっている方に適切な歯磨き法は以下の通りです。

  1. 歯ブラシを歯45度の角度で歯茎と歯の間に入れて磨く
  2. 磨くときは1、2本ずつと小刻みに動かしながら磨く

歯肉炎がある場合には、磨いているうちに出血してきますが、これは正しく磨けている証拠です。歯茎が痛くない程度で磨いているなら問題ありません。歯肉炎の状態が改善されてくると歯茎が引き締まるので血が出なくなります。

 

意外と知らない人が多い!歯ブラシの正しい選び方

歯磨きの方法は正しいのに、自分の歯に合っていない歯ブラシを使っているとせっかくの効果もなくなってきてしまいます。
プラークを確実に落とすためには、かためのブラシがいいかと思いきや、歯肉が腫れていると痛みを感じてしまう事があるので、自分のお口の状況に合わせて、痛くない程度の柔らかい歯ブラシを選んだ方がいいです。
以下のような性質の歯ブラシがおすすめです。

  • 毛先は柔らかい
  • ヘッドが小さい
  • 大きすぎない
  • 山切りではないもの

大きすぎたり山切りだと、奥歯や隙間に磨き残しが出てきてしまいます。ある程度ブラシを使い続けていると、毛先が外を向いてきてしまうので、適宜新品に取り換えるようにしましょう。目安は1〜3カ月です。また、歯ブラシに加えて、デンタルフロスや隙間ブラシを使うとさらに効果アップです!

 

歯周病に効果的な歯磨き粉とは

歯磨き粉には実に色々な種類があり、特質も異なっています。専門知識のない一般の方でしたら、歯周病効果のある歯磨き粉選びといっても、何を基準にしたらいいのかわかりませんよね。歯周病予防に本当にいい歯磨き粉のポイントは以下の通りです。参考にしてみてください。

  • 研磨剤が少ない
  • 発泡剤が少ない
  • 効果的な濃度のフッ素を含む
  • 薬効成分が少ないあるいは天然成分であるもの

 

発泡剤について

発布剤を使った歯磨き粉は、歯磨きがあまりよくできない上に成分自体が危険と言われています。「ラウリル硫酸ナトリウム」という発泡成分は車を洗ったり、ガレージの床を洗浄する時にも使われるものなので、それを口の中にも使うと考えると少し心配になりますよね。

 

ラウリル硫酸ナトリウムは体内に吸収され、細胞を傷つける事もあり、口内炎とも関連しているので決して身体にいいものではありません。

 

研磨剤

歯磨き粉に研磨剤が入っていないと煙草のヤニついたり茶渋がついたりします。研磨剤の入った歯磨き粉を使うと、これらが取れやすいので歯の黄ばみを防ぐ事ができます。

 

一般の歯磨き粉には、研磨剤がたっぷり入っていますが、研磨剤でゴシゴシと歯を磨いてしまうと表面に細かい傷がつく事があります。これは健康的な歯を傷める原因になり、エナメル質をはがしてしまう事になります。

 

研磨剤は確かに茶渋やヤニを落としてくれる作用があり、メリットもあるのですが、毎日研磨剤入りの歯磨き粉を使うのであれば、ごく少量の歯磨き粉をブラシにつけ、短時間で仕上げるようにするか、粒子の細かい歯磨き粉を選ぶといいでしょう。

 

薬効成分について

歯医者さんがおすすめする歯磨き粉は、基本的には化学物質などの薬効成分が含まれています。薬効成分が入っていると急性の炎症を抑えてくれたり殺菌作用を促してくれます。殺菌効果が目的なら使っていいのですが、薬は即効性に優れている分、長期間使い続けると副作用が出てくる場合があります。即効性という点では化学薬品がやはり一番優秀なのですが、天然成分の方が私たちの身体には優しいですし、自然の力も効果が高いものです。

歯周病には「プロポデンタル」がおすすめ!

たくさんの歯磨き粉がある中、歯周病予防におすすめしたいのはプロポデンタルという歯磨き粉です。

 

日本人の歯を守るために、歯科医とメーカーとの共同開発で生み出された安全・安心な歯磨き粉で、歯周病予防の他、口臭抑制にもなります。

 

 

今年2016年3月までは何と700本も売れ、現在も多くの方が愛用しています。そんなプロポデンタルの魅力とは以下の通りです。

 

歯の健康をキープしてくれる

ミツバチが造り出した天然成分プロポリスを含んでいる他、ミネラル、フラボノイド、ビタミン、アミノ酸など、歯の健康に必要な成分がたくさん含まれているので、使い続けていればいつまでも健康的な歯を保つ事ができます。

 

予防してくれるのは歯周病だけじゃなく歯槽膿漏や歯肉炎も!

プロポデンタルには殺菌成分や薬用成分が含まれているので歯周病菌や虫歯菌を抑えてくれる他、歯肉を活性化させ、歯肉炎や歯槽膿漏を防いでくれます。

 

自然な成分「ブラジル産プロポリス」が強力にアプローチ!

プロポデンタルを特徴づけるブラジル産の「アフリカ蜂化ミツバチ」は最高品質で自然の恩恵を受けたものです。

 

歯肉炎予防に役立つ生薬も含んでいる

甘草(かんぞう)という生薬の一種を含んでおり、フラボノイドやグリチルリチン酸などと一緒に歯肉炎予防の効果を発揮してくれます。

 

プロポデンタルは、初回限定特別セットが1,500円+送料無料です。全額返金保証システムもついているので、試しに使ってみてください。研磨剤不使用なので、すでに歯周病が進行している場合には、プロポデンタルゲルなら、研磨剤不使用なので、安心して使うことができます。

 

プロポデンタルで歯磨きをしてみた感想・口コミ
「私は歯周病予防がしたくてプロポデンタルを使ってみる事にしました。歯ブラシも一緒についてくるのですが、これは歯科医オススメの歯ブラシで、毛質がとても柔らかくコンパクトで磨きやすかったです。これからも毎日これで歯磨きしていくつもりです。もしかしたら歯周病かな?と感じている方にはおすすめです。」
>>プロポデンタルの詳しい感想はこちら

 

最安値・プレゼント付き

キャンペーン中

↓↓↓

http://www.propodental.com/