歯周病ってどんな病気?

歯周病とは

歯周病は歯の周りの組織に起こる病気です。

 

歯の周りの組織には、歯ぐきや歯を支えている土台(歯槽骨)などがあります。

 

歯周病は、歯茎と歯の隙間に残ってる歯垢(プラーク)が原因で歯周組織が破壊されていく病気です。

 

歯垢(プラーク)とは、歯に付着する黄色っぽい粘ついた沈着物で、多くの細菌が存在しています。「バイオフィルム」と呼ばれる事もあり、食べかすとは全く別物です。歯に付着したままにしておくと、どんどん増殖して、歯石となり、簡単には落とせなくなります。

 

そのため、毎日丁寧にしっかり歯磨きして、口の中を清潔の保つことが大切です。

 

なぜなら、歯周病が悪化すると歯を失うこともあるからです。歯を失う原因のトップは虫歯、その次が歯周病といわれています。

 

歯周病の症状はわかりにくく、悪化して初めて気づくパターンが多いために治療が遅れがちです。

 

また、歯周病になってしまうと歯をなくしてしまう他にも、以下のようなリスクがあります。

  • 呼吸器疾患
  • 糖尿病
  • 出産

歯周病は、「サイレントディジーズ」すなわち「沈黙の病気」と呼ばれるくらい自覚症状がありません。そのため、どんどん症状が進行していき、気づいた頃には手遅れになるケースもあります。身体の抵抗力が強ければ進行が停止できる事もありますが、抵抗力が落ちたり、歯磨きが上手にできていないと再び進行していき、活動していきます。

 

そして歯周病は、歯肉炎・歯周炎・歯槽膿漏の総称になります。

 

症状としては、歯肉炎→歯周炎→歯槽膿漏の順で重くなっていきます。

歯肉炎とは

歯肉炎とは歯周病の初期段階で、歯茎に炎症が現れている状態です。

 

歯茎に腫れや出血が見られるのが特徴。痛みはほとんどないので見過ごしてしまう事が多い。

 

また、歯周ポケットができ、食べかすが詰まりやすくなったり、歯の根元の象牙質が露出して、冷たいものや熱いものがしみるようになります。

 

歯周炎とは

歯周炎とは、歯肉炎が進行して、歯茎だけではなく、歯槽骨(歯を支える土台)まで症状が進んだ状態

 

歯茎の腫れや出血に加えて、歯茎自体が縮み、歯が長くなったように見えてきます。歯がぐらぐらしてきたリ、口臭がひどくなってきます。

 

歯槽膿漏とは

歯槽膿漏とは、歯周病の中でも重度の症状で、歯が抜けてしまう直前を指します。

 

歯を支えている歯槽骨が破壊され、歯がぐらぐらに揺れ、口臭も一段とひどくなり、最終的には歯を失う恐れもあります。

 

歯周病はこのようにとても怖い病気ですが、何が原因で起こるのでしょうか。

歯周病の原因

歯周病の主な原因は、歯と歯茎の隙間に残った歯垢(プラーク)です。プラークの中の歯周病菌は酸素があまりないところが好きなので隙間で増殖していき、毒素を放ち、歯茎が炎症を起こし、放置していると、歯茎だけでなく歯槽骨や歯根膜などの組織にもダメージを与え、症状が悪化していきます。

 

歯周病の対策

歯周病は、歯医者さんで早めの対処が必須です。

 

ただ、何らかの自覚症状が出てから歯医者に行くのではなく、普段から定期的に検査を受けることをオススメします。

 

予防として、歯磨きをきちんとすること。正しい歯磨きでプラークが溜まらないように毎日きちんと除去することです。

 

フロスや、磨きにくいところはワンタフトブラシを使うとキレイに磨くことができます。その際には、歯周病対策の歯磨き粉を使うとより効果的です。

 

歯周病のサイン

以下のような症状があったら気をつけてください。もしもあてはまるものが多かったら歯周病のサインです。

  • 歯茎から膿のようなものが出ている
  • 歯茎が赤紫色に腫れている
  • 硬いものを噛むと歯茎から出血する事がある
  • 歯茎が下がって歯が長く見える
  • 口臭が強い
  • 歯と歯茎のすき間にカスが詰まりやすくなってきた
  • 起床時に口の中がねばついている
  • 歯茎がかゆい
  • 歯がしみる

歯周病は、成人の約70%以上がかかってる病気といわれています。でも、歯周病の多くは日々の歯磨きを徹底したり、歯医者さんで定期検診を受ける事によってリスクを抑える事ができます。

 

では、歯周病になりやすい人はいるのでしょうか?

煙草が原因で歯周病になる事はある?

煙草を吸う人は吸わない人より歯周病になりやすいというデータもありますが、これは煙草に使われているニコチンなどの化学物質が歯肉からの出血を抑えたり、歯肉を硬くする事によって症状が気づきにくくなるからです。喫煙者は歯周病の治りが悪くなる可能性もあります。要するに喫煙者は、歯周病になりやすいだけでなく気づきにくく、治りにくいリスクがあるという事です。

飲酒が原因になる事はある?

お酒自体は歯周病の引き金になるものではありませんが、たくさん飲酒したのにその後、歯磨きせずに寝てしまうなどすると歯周病になりやすいです。

 

他にも歯周病のリスクの高い人をピックアップしました。

歯周病になりやすい人ってどんな人?

  • 病気がある(糖尿病など)
  • 歯並びなどの影響でかかりやすくなる
  • 生活習慣(喫煙者)
  • 遺伝的要素を持っている人

歯周病は色々な要素が重なって発症しやすくなります。遺伝子診断や免疫応答、炎症反応などの検査によって、特に歯周病になりやすい患者さんがいるという報告が実際にあります。男女で歯周病のかかりやすさはあまりありませんが、妊婦さんでしたら、口腔内で分泌されるホルモン状態によって歯肉炎になりやすくなります。

 

上記に当てはまる人は、歯医者で定期的に検査を受ける事、そして毎日の歯磨きをしっかりと行うことが大切です。

 

歯周病の予防と対策にオススメしたいのが、プロポデンタルです。

 

プロポデンタルに配合されているグリーンプロポリスには下記の効果効能があります。

  • 歯肉炎の予防
  • 出血を防ぐ
  • 口臭の防止
  • 虫歯の発生及び進行の予防
  • 歯を白くする
  • 口腔内を浄化する 
  • 口腔内を爽快にする

私自身も、歯茎が炎症を起こし、一部の歯にぐらつきのある状態です。そんな私が使用中のプロポデンタルの体験談をご覧になりたい方はこちらをどうぞ

 

>>プロポデンタルの口コミレビューはこちら